MENU

浮気調査にかかる料金は、情報が多ければ多いほど安くなります。

 

探偵に浮気調査を依頼した場合、相場では二人調査に関わった時1時間当り1万5千円から2万円辺りが目安になります。

 

つまり、調査を終えるのに半日かかった場合は、12万円〜16万円かかる計算になります。

 

この金額はあくまでも相場で、一般社団法人日本調査業協会という、探偵社が600社以上加盟している団体によるアンケートの結果です。

浮気調査にかかる費用っていくらぐらい?

 

 

浮気調査は、大変デリケートな調査で、調査する相手に知られてはいけません。

 

 

調査は秘密裏に行われるため、チームで動く場合が多く、調査主がどの程度まで調査して欲しいかによって、その範囲が変ってきます。

 

又、相手の職業によっても、やり方が変ってきますので、まず最初の相談が大変重要になります。

 

浮気相手の住所や名前、また不貞行為を行う時間帯や場所を分かる範囲で絞り込んでおくことで、調査が早く済み費用も安くなるのが探偵の料金形態です。

 

 

調査に車やバイクが必要な場合、交通費は請求しないという探偵社がおおく、その次は1日1万円から1万5千円請求するという探偵社になっています。

 

 

又証拠写真が必要な場合や浮気相手の素性まで必要なら、そのオプション経費も必要になります。

 

これらが経費とされる項目で、見積もりにはすべての明細を盛り込んで制作されます。

 

 

具体的な項目は、まず成功報酬金が上げられます。

 

ミッションがどの程度まで達成できたかによる費用で、その金額は依頼内容によって異なります。

 

調査を始める場合費用がかかるのですが、まず準備にかかる様々な経費が必要ですので、その為に着手金が項目に入れられます。

 

浮気調査は、調査する相手が男性の場合、会社が終わってからの尾行が発生した時、人件費には深夜や早朝割り増しが加算されます。

 

さらに、高所に登っての隠し撮りなど危険な作業が必要な場合、危険手当が付くことになりますが、これらは調査料金に盛り込まれている場合が一般的です。

 

 

つまり、浮気調査の場合調査が1日で済めば、着手金等を含めて総額15万円位からが一般的で、調査の内容が複雑だったり、日にちがかかった場合、その費用総額は40万円から100万円以上になります。

 

 

やはり調査費用を調べるなら、直接専門家に今、分かっている情報の中でいくらぐらいかかるのかお尋ねした方が早いでしょう。

 

相談はいつでも何度でも無料の探偵社を掲載します。

 

原一探偵事務所

 

 

費用の相談からお見積もりまでいつでも無料の原一探偵事務所は、日本全国の調査に対応しています。

 

浮気調査の依頼のうち90%はクロの証拠が取れてしまうほどの実績があり、調査能力の高さに定評があります。

 

1日の調査料金は80000円〜と分かりやすく、ご契約時に記載した料金以外の水増し請求などは一切ありません。

 

 

メールでも電話でも相談可で、匿名でも大丈夫です。

 

原一探偵の無料相談はこちら

 

 

 

街角相談所

 

 

 

費用はいくら?どこに頼むのが良いの?どこに連絡すればいいの?

 

探偵と連絡を取って話し合うなんて初めての方なら戸惑うものです。

 

その手助けをするために街角相談所があります。

 

専任のアドバイザーが日本全国100社の中から依頼内容にマッチングした探偵の費用や調査項目の見積もりを作成してくれます。

 

面談も不要でその場ですぐに費用が分かるので、調査費用を調べるにはもってこいのサービスです。

 

相談はメールでも電話でも、匿名でもいつでも無料で対応しています。

 

街角の無料相談はこちら

 

 

IZM探偵事務所

 

 

ISM(イズム)探偵事務所は他社で断られた難しい調査も対応できるほど技術力の高い事務所となっています。

 

専門の探偵学校で訓練を受けた調査員だけが対応しアフターフォローも整っています。

 

こちらも相談は24時間いつでも無料です。

 

相談をしたからと言って無理な勧誘はありません。
ただし、IZMも相談は無料ですが匿名での受け付けは行っていません。

 

IZMの無料相談はこちら

浮気調査の費用を安く済ますためには、どんな事をした方が良い?

 

妻や夫が、相手が浮気をしていると思い、いきなり探偵社や興信所に行っても、状況証拠だけでは調査をするにも漠然としすぎていて、調査がスムーズに行かない場合があり、また費用の面でも料金が高くなる場合があります。

 

 

@まず相手の行動パターンを記録しておくと、浮気をしている日時があぶり出されることがあります。

 

 

A毎日の相手の帰宅時間などを記録しておくと、残業の多い曜日などがわかり、調査日を特定できます。

 

 

Bまた、ランダムに電話した場合、特定の時間だけ通話が出来なかったり留守電になっている時間帯も疑わしいので、メモをしとくとこれも有効な手がかりになる場合があります。

 

 

C休日の車での単独行動はカーナビの走行履歴や走行距離を調べておき、本人の話と食い違いがある様な場合はメモに記録しておきます。

 

D出張が多い場合は、給与明細と照らし合わせ、それが事実なのかも確認します。

 

 

それらの相手の行動のメモは、調査依頼をした探偵社などには有効な情報となり、その特殊な日に的を絞って調査をすれば、結果が出やすい可能性があります。

 

また、浮気が現実かどうかもある程度確認できなければ、調査が長引いたり空振りだったりします。

 

浮気の証拠で一番多いのが携帯電話やスマホで、隠れて電話をしていたり、異常に携帯を手放さなくなるのも怪しいのですが、メールの文面なども浮気の事実を証明するものですから、もし確認できたら自分のスマホで文面を撮影しておきます。

 

 

いろいろ事前に調べておくことが、実際の浮気調査の実行に有利なのですが、感づかれてしまうと行動が慎重になり、調査しても何も証拠が出ないという状況になりますので注意します。

 

 

また、浮気の状況がわかりにくい場合、自分から浮気をする状況をわざと作るというのも一つの方法です。

 

相手に自由な時間を与え、気がつかない振りをしていたり、性交渉を求められても何回か断るなどすれば、相手の行動に変化が出てきます

 

それらを探偵社と協力すれば、結果が早く出る場合が多いと言えます。

実際に浮気調査を依頼する事になったらどんな流れで調査が進むの?

浮気調査を行う際の流れは、まず相談から始まります。

 

依頼主の調査の目的がはっきりしなければ調査の方針を決めることが出来ないからです。

 

相手の浮気の事実だけを調べれば良いのか、具体的に離婚をしようとしていて、弁護士に相談中なのかといった具体的な内容をまず面談して確認します。

 

調べて何もなかったという事もありますので、相手の具体的な情報が必要です。

 

浮気をしていると感じている原因と、浮気と思われる物的証拠などあればそれについて、深くお聞きし、調査の日程とやるべき事を決めていきます。

 

この時料金などを説明して、時間制の料金システムをとるのか、成功報酬型の調査をするのかを決めます。

 

成功報酬型の調査とは、その調査の目的がはっきりしていて、裁判の際、証拠として提出できるくらいの確定的な物的な事実を掴むことを目的とした調査になります。

 

 

その事実を掴んだ場合、調査目的の成功として、その報酬を支払うやり方です。

 

依頼主も調査する側も単純で分かり易い方式で、最近はこの成功報酬型の探偵社も増えてきています。

 

 

浮気は内容によっては、民事訴訟法の不貞行為という法律を根拠に慰謝料を請求できますので、離婚裁判を視野に入れている場合、徹底した証拠集めの調査になりますが、警察とは違いますので違法な調査は出来ません。

 

 

違法な行為とは、盗聴器の設置や合い鍵の作成などで、浮気相手の自宅へ侵入などはもちろん出来ません。
依頼者から哀願されて違法な調査を行った場合、違法行為の教唆、もしくは共同正犯といった容疑で逆に警察から逮捕されてしまいます。

 

探偵の調査の場合、軽犯罪法に抵触しない範囲で調査をします。

 

この法律は調査対象者が迷惑と感じたり、進路妨害など迷惑となる行為を指しますので注意します。

 

さらに、調査の目的で警察官とか公務員などと身分を詐称することも官名詐称、標章等の使用の罪に問われます。

 

以上の行為を避けて、対象者を尾行などで調査し依頼者に報告をします。